顧問紹介

弊社特別顧問をご紹介いたします。 私たちリクセルジャパンの目指す新しい流通とその象徴「ハレの日酒」。 このハレの日酒プロジェクトにあつくご賛同・ご理解を賜っており、試飲や助言等専門家の立場から様々なご意見やご提案を頂戴しております。

(敬称略)

☆山本 晴彦

日本料理 晴山」オーナー。岐阜県の名店たか田八祥で修行を積み、2つの支店の店長を歴任。その後東京三田で独立開業し2年目からミシュランガイド2つ星を獲得し続けている、現在最も勢いある料理人。販売開始直後のハレの日酒をすぐにお取扱い頂き、翌年お店で提供するお酒を全てオリジナル商品に、とのご要望を頂き弊社メンバーと共に酒蔵訪問。試飲検討の末1タンク丸ごと「晴山専用ハレの日酒」として抑えるに至った。

☆水澤 泰彦

Bar Tiare」オーナーバーテンダー。2004年第31回全国バーテンダー技能競技大会で総合優勝、現在NBA(日本バーテンダー協会)理事を務める。「カクテルの為の日本酒」をテーマに弊社メンバーと共に酒蔵へ訪問、杜氏と検討の末「カクテル専用ハレの日酒」を誕生させた。季節ごとに日本酒を生かしたカクテルを開発、レシピ共有しBARシーンでの日本酒の普及に弊社と共に挑戦している。

ハレの日酒カクテル

☆宮下 拓己

受験資格最年少の23歳で資格を取得した新進気鋭の若きソムリエ。辻調グループ・フランス校フランス料理研究課程を首席で卒業し、パリの3つ星「レストランミシェル・ブラス」等名店でキャリアを積み現在広尾「ティルプス」勤務。今後はレストランの枠を飛び越え、国内外のまだ見ぬ銘酒・食材・食情報を積極的に学びお客様の元へお届けしながら、飲食業界において独自のスタイルを築いていく。

コラム・・・ハレの日酒、海外体験、ワイン…その他食情報について発信中!